包丁コラム
【ショートコラム】関孫六ってどんなブランド?

 

【ショートコラム】関孫六ってどんなブランド?

2023年05月11日

■関孫六の歴史

「関孫六」は日本の刀剣および包丁製造の名門で、その起源は約800年前の鎌倉時代にまで遡ります。

その当時、関孫六という名前の鍛冶職人が初めて活動し始めたとされています。

彼は世界中からその技術を讃えられ、名工として広く知られるようになりました。

 

■名前の由来

名前の由来については、関孫六の「関」は地名で、現在の岐阜県関市を指します。

ここは古くから刀剣の生産地として知られており、多くの名工を輩出してきました。

また、「孫六」は初代の名前で、その後の代々の鍛冶職人がこの名前を継承してきたと言われております。

 

■どんな包丁を造っているの?

現代における関孫六のブランドは、その卓越した技術と伝統を受け継ぎ、世界中のプロの料理人から愛されています

特に、和包丁の製造においてはその名を馳せており、伝統的な手法を用いつつも現代のニーズに合わせた機能的な製品を提供しています。

そのため、関孫六のブランドは、伝統と革新を融合させた高品質な製品として位置付けられています。

 

■最後に…

当店は包丁買取販売の専門店です。

ご使用されてない中古の包丁、遺品整理で出てきた包丁などのお買取りを行っております。

お問い合わせいただけましたら、無料でお見積もりをお出しいたします。

お問い合わせはコチラ